野びと塾 − リアルな自然を教えます



野びと塾とは   活動報告   次回のイベント  青山真虎 
野びと塾は、大自然体験と世代間交流を第一目的としています。



山岳地帯でのキャンプ、そこに住む地域住民の方々との交流。

現在核家族化の進む中で他地域のお年寄りとの対話と、

親元を離れて自然に抱かれることで、子供たちの秘められた素質(本質)と、

無限の可能性を引き出せると考えます。



焚火にやすらぎをもらいつつ炊飯をして、そのままテントに寝袋で寝る、

春夏秋冬キャンプ、野外活動を通してご自分の生きる力に自信を感じてくれたらと思います。



過去のキャンプでは、山中にキャンプ場づくりを通した植樹活動を数回おこなっています。


野外活動に係るすべての作業を、小学生の考えのもと、おこなってもらっています。

イメージ、考えること、行動に移すこと。このお手伝いができたら幸いです。



水源調査の冒険、アイヌ民族の先生による焚火音楽祭、被災地避難所長の焚火講演会、など
イベントも経験しています。

参加は小学生・中学生、高校生、おとな、教員志望の学生、学校教員が対象です。
焚火にハンゴウで白米を炊けるころ野外活動のベテランです。頼りがいありです。




講師には様々な得意分野をもった、キャンプと優しさに精通したひとたちが

全国から地元からスタッフとして参加しています。



楽しさのお裾分け。


野びと塾代表:青山真虎(まさとら)
社会人研修3名から受け付けます。 


第14回 野びと塾の報告をUPしました。(2013.08.27)

*第14回 野びと塾のお知らせをUPしました。(2013.07.13)

*緑と水の森林ファンド助成事業 第13回 野びと塾のお知らせをUPしました。(2013,02,18,)

*緑と水の森林ファンド助成事業 第12回秋野塾の報告をUPしました。(2012,11,15)

*緑と水の森林ファンド助成事業 第12回 野びと塾のお知らせをUPしました。(201210,19)



2011秋、2012冬・春、2013夏の野びと塾は
(社)国土緑化推進機構 緑と水の森林ファンドの
助成を受けて行われました。


★2009年夏野塾がテレビで紹介されました。

●2009年 8月11日(火) NHK名古屋放送局 ほっとイブニング 
「1泊2日のキャンプ生活・使える水は2リットル!学んだことは?」

●2009年 8月17日(月) NHK静岡放送局 たっぷり静岡
「2リットルの水に学んだ夏」
詳細はFAXかメールにてお問い合わせください。

FAX 054−259-6420

Powered by NINJA TOOLS


Last Update :March 24, 2014
Copyright(c)2009NOBITOJUKU. All rights reserved.
inserted by FC2 system